メニュー

新型うつ病、非定型うつ病

従来の典型的なうつ病とは違うものです。20代、30代の女性を中心に近年増えており、注目されています。診断が難しいことが多い疾患です。

特徴

気分反応性があげられます。従来のうつ病は1日中抑うつ気分が続き、なかなか抜け出すことができません。新型、非定型うつ病は、仕事や学校など本人にとってストレスとなる場では抑うつ気分が強くでていても、趣味など本人にとって嬉しいこと、楽しいことがあると一時的に気分が変わり、明るくなることがあります。

また、他の特徴として過眠があげられます。うつ病では不眠が症状としてあらわれますが、新型、非定型うつ病では夜間不眠はなく、昼間にも眠たいという症状がみられることがあります。

甘いものなどが食べたいという強い衝動が生じ、過食となることもあります。そのような場合、過食症ほどではありませんが徐々に体重増加がみられます。 鉛様麻痺がみられることもあります。身体におもりをつけているかのように感じ、動けないという状態です。

周囲の人から批判、拒絶されることに対し、とても過敏になる傾向があります。拒絶過敏症といい、他人の些細な言動にショックをうけやすかったり、そのことが原因で仕事や学校に行けなくなったり、家事ができなくなるなど日常生活に支障を来します。落ち込むのとは反対に、怒りだし、トラブルとなることもあります。

治療

境界性パーソナリティ障害や、パニック障害と似ているため、診断がつきにくいといわれています。不安症も併発しやすく慢性化しやすい疾患です。患者様によって治療方法は異なるため、定期的な受診を通して見極め、適切な治療を受けることが大切です。
1人1人にに合わせた薬物療法、心理療法を行います。運動も効果的といわれています。環境調整をし、社会での自立を目指して一緒に治療法を考えていきましょう。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME